ホーム>スタッフブログ>ブログ>婚活女性にありがちな決定的なミス
ブログ

婚活女性にありがちな決定的なミス

高学歴で職場においてもそれなりに仕事ができて、良いとこ育ちの美女にありがちな 絶望的なミスが、プロフィール上でよく目に付きます。
目がチカチカするような煌びやかな経歴を 【あえて】書いている。

問題は、豊かな人生を送るために丁寧に築いてきたキャリアではなく 最初から「ふるいにかけてしまえという考えが全面に出てしまっている」ことが問題なのです。
こんな私に怖じ気づいたり コンプレックスを持っちゃう男は、 最初からお断り! こんな私だからこそいい!という人にこそアプローチして欲しい!
私たちが求めるような男性は、 ちゃんと磨いた私を見付けてくれるはず!
確かに、こんな自立した女性であっても動じない男性も存在する。 けれど、それもどう多く見積もっても10%はいないでしょう。
強い男性の守ってあげたいスイッチがまったく発動されないのです。
後から、ギャップとして出てくる分にはとても魅力的なその方の人生も 最初に、全力で書くことは、あまりにもリスクが大き過ぎる。

男性はあくまでも女性を守りたいと思っている。 そして、女性が思っている何倍も、原始的で、古風で、保守的。

私たちが持つ向上心や成長意欲の証であるキャリアは、 知り合った時は『自分についてくる可愛い子』と思ったら実は!!!
の後に知るからすごい威力を発揮するわけで、 男性を初めの段階からふるいにかけるのは、

"百害あっても一利なし"です。 また言うなら、 "能ある鷹は爪隠す"です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.campanella1.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/83

ページ上部へ